AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

PICK UP

脱毛と薄毛に効果のあるプロペシア・フィンペシア

薄毛の頭

男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状は、男性ホルモンが変化したDHTという物質が原因です。
このために、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行することになります。
シラミやフケといった等に環境悪化に伴う現象ではないということが分かっています。
頭皮のかゆみを感じたからと言って急激に薄毛になるようなことはなく、男性ホルモンのテストステロンによる影響の方が薄毛には多大に影響するのです。
日本人男性の場合は、20歳代の後半から30歳代にかけての時期に顕著になるケースが一般的で、その後40歳代以降に生え際が後退して頭頂部までの髪の毛が全てなくなる状態にまで進行します。
なお、このような状態にまで進行したとしても、健康状態が変化するということはありません。
何故なら、髪の毛は生命活動に直接関係している部分ではないので、仮に全てを失ったとしても寿命が短くなるということはありません。
これは、高齢者の多くが薄毛であることからも証明されており、基本的には単なる生理的な現象の一種です。

しかし、髪の毛は見た目という点においては非常に重要な役割を担っており、有るのと無いのとでは大違いです。
中でも女性からの評価はかなり厳しくなるので、社会的な影響を全く受けないというわけにはいきません。
特に、20代の前半で発症した場合は、周囲にほとんどいないために目立つと共に孤独感を感じることになり、精神的に大きなダメージを受けてしまうというケースも少なからず起こり得ます。
このようにAGAに悩んでいる人にとって心強いのは、現在では医療機関での治療が開始しているということです。
これは、2,005年にプロペシアという内服薬が厚生労働省に承認されたことにより本格的にスタートしたもので、かなりの高確率で進行を防ぐことが可能となっています。
ちなみに、厚生労働省が承認するにあたって1年間かけて実施した臨床試験では、軽度改善以上の効果が58%、不変以上の効果に至っては実に被験者の98%に確認されています。

なお、プロペシアは髪の毛や頭皮に対して直接作用するのではなく、生え際から頭頂部にかけての毛根内部に存在しているII型5α-reductaseという還元酵素の活性阻害剤です。
この還元酵素はテストステロンをAGAの原因物質DHTに変換するという作用を発揮します。
このために、プロペシアにより酵素活性を阻害することにより、DHTの生産量が減少することになります。
このDHTは、悪玉男性ホルモンとも呼ばれている物質で、生え際から頭頂部にかけての毛根内部の毛入と細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、トランスフォーミング増殖因子という脱毛因子を誘導します。
これにより、毛周期における成長期が著しく短くなるので、髪の毛は長く伸びることなく抜け落ちるようになります。
つまり、プロペシアによりDHTの生産を抑制することにより、DHTが作り出される分量も少なくなるので、誘導される脱毛因子も減少します。
これにより、狂わされていた毛周期も元の状態に回復するので、薄毛が改善するという結果につながります。
ですが、プロペシアは継続服用が重要で、一旦服用を止めてしまうとまた薄毛の進行が始まってしまいます。

なお、プロペシアはAGA治療を実施している医療機関などで処方されており、1カ月分の費用は6,000円から8,000円程度です。
これを少なくするためには、ジェネリックに変えるという方法が適当です。
フィンペシアはその中でも特に人気が高いプロペシアジェネリックで、300錠で7,000円前後で入手できます。
このために、フィンペシアはプロペシアよりもかなりお得な金額でAGA治療に取り組むことが出来ます。

発毛促進するロゲイン

説明する医師

プロペシアやフィンペシアといったfinasterideを主成分としたAGA治療の薬は、脱毛原因物質のDHTの生産を抑制するということを目的としており、発毛を促進するという効果はありません
このために、既に進行している状態から回復させるのは、プロペシアやフィンペシアだけでは難しいと考えられています。
ちなみに、プロペシアやフィンペシアにより薄毛から正常な状態に回復できるのは、発症してから5~10年経過するまでの期間が一応の目安とされています。
これは、DHTには皮脂の分泌量を増加させるという作用があるので、発症してから年数が経過するごとに毛根へのダメージが大きくなってしまうからです。
毛根が機能を喪失するまで進行した場合は、プロペシアやフィンペシアによりこれを回復させることは出来ません。

このように、プロペシアやフィンペシアだけでは回復が見込めないような薄毛に対しては、ミノキシジルという成分を配合した育毛剤が効果的です。
これは、アメリカで降圧剤として開発された成分で、脱毛症に対しての有効性が確認されたために、薄毛の治療薬として使用されるようになったという経緯をたどっています。
こうして誕生したのが、ロゲインという商品です。
ロゲインは、世界90ヶ国以上で販売されている商品で、育毛剤の中では最も有名なものの一つです。
有効成分ミノキシジルの毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化するという作用により、発毛を促進する効果を期待できます。
特に、頭頂部の薄毛に対して有効で、河童ハゲと呼ばれるような進行した状態から回復したという報告も多数寄せられています。

なお、ロゲインはプロペシアやフィンペシアとは作用機序に違いがあるので、併用することが可能です。
これにより、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果が得られるので、効率的な薄毛の改善を実現することが出来ます。
また、ロゲインはプロペシアやフィンペシアのように特定の脱毛症に対してのみ効果を発揮する薬ではないので、AGA以外の薄毛に対しても有効です。
このために、近年増加している女性の薄毛を対象としたブランドも用意されています。

この女性用のロゲインの男性用のものとの違いは、主成分のミノキシジルの濃度でです。
具体的には、通常のロゲインがミノキシジル濃度5パーセントなのに対して、女性用のロゲインは1パーセントと低くなっています。
これは、男性と女性とでは体重など身体のサイズに違いがあるためで、安全性を考慮したことによるものです。
何故ならロゲインは元々は降圧剤として開発された成分を配合しているので、血圧が急激に変動するなどの副作用が発生する危険があるからです。
このために、体重が軽い女性が高濃度のミノキシジルが配合されているロゲインを使用した場合は強い影響を受けてしまう可能性があるので、低濃度のものを提供しています。
なお、ロゲインは1日に2回気になる部分に塗布するという簡単な使い方で、効果があらわれるまでには個人差がありますが、2~3ヶ月程度の短期間で体感することもあります。
ちなみに、副作用として報告されているのは、動悸、むくみ、体毛や体重の増加です。

安いが性欲が落ちる可能性のあるエフペシア

性欲が落ちた男性

エフペシアは、フィンペシアと同じインドの製薬メーカーCipla社が提供しているプロペシアジェネリックで、II型5α-reductaseの活性阻害剤です。
フィンペシアとの違いは、キノリンイエローという着色料を使用していないということです。
この着色料には、「発がん性」や「子供の学習障害や運動障害」の危険性を懸念されているので、フィンペシアではなくこちらを選んでいる人は少なくはありません。
なお、フィンペシアはその後キノリンイエローを使用しなくなったので、現在ではエフペシアとの違いは明確ではありません。
値段も業者により違っているので、フィンペシアの方が安い場合もあれば、エフペシアの方が安いケースもあります。
このために、どちらを選べば良いのかは、その時々で違うということになります。

ちなみに、エフペシアにより効果があらわれるまでにかかる日数は個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月程度が多いと言われています。
食前や食後など服用についての決まりはありませんが、毎日同じ時間に水かお湯で飲むのがベストとされています。
AGAの原因物質の生産を抑制することにより、ヘアサイクルを正常な状態に回復させるという内容で、少しずつ薄毛が改善されていきます

一方、エフペシアで報告されている副作用は、勃起不全や精子の減少、性欲の減退などの性機能の低下です。
これらは、必ず全員に発症するわけではありませんが、副作用が強く出た場合は、服用を中断して本当にエフペシアが原因のものかを確認するのが適当です。
もしもエフペシアが原因の場合は、医師への相談が必要となります。
なお、エフペシアにより性機能が低下する可能性があるのは、DHTの生産量を抑制してしまうからです。
この物質は、テストステロンの数倍以上の活性を有しており、年齢を重ねるにつれて影響力は増加します。
これがAGAの発症率が20歳代が10パーセント、30歳代が20パーセント、40歳代が30パーセントと年代が上がるごとに発症頻度が高くなる理由です。

DHTは男性性器の発育をサポートするなど性機能とも密接に関与しています。
これが、エフペシアを服用することにより性欲の減退などの不具合を引き起こす原因です。
つまり、髪の毛と性欲とを天秤にかけるケースが起こり得るということになります。
更年期世代であれば性欲を犠牲にしても髪の毛を得るという選択も可能ですが、若い世代の場合は難しい決断が迫られることになります。
ただし、エフペシアによる作用は継続的に続くわけではないので、仮に性欲が落ちてしまった場合でも服用を中断すれば元の状態に戻ります。
このために、値段が安いということもあるので、まずは使ってみてから考えるというのも一つの方法です。

ちなみに、エフペシアの服用を止めた場合は、性欲の減退などの副作用はでなくなりますが、髪の毛に対しての効果もなくなってしまいます。
何故なら、原因物質のDHTが再び生産されるようになり、薬を服用する前と同様にヘアサイクルが狂わされてしまうからです。

値段の安さが人気のフィナロ

フィナロは、インドの製薬メーカーIntas Pharmaceuticals Ltdが提供しているAGA治療薬で、プロペシアと同様にfinasterideを主成分としており、II型5α-reductaseの酵素活性を阻害します。
このAGA治療薬の一番の特徴は、リーズナブルな値段で提供されているということです。
ちなみに、大手の個人輸入代行業者ではフィナロ150錠を2,980円で提供しています。
これは、プロペシアの10分の1未満の値段で、経済的な負担を軽くすることが出来ます

なお、II型5α-reductaseを活性を阻害するという医薬品によるAGA治療は、症状自体を根本的に改善することは出来ません。
これは、フィナロでもプロペシアでも同じであり、服用を中断した時点で再び薄毛は進行することになります。
つまり、生涯治療の様な性格を有しているので、他の治療法が確立されるか薄毛を受け入れるようになるまでの間は飲み続けなくてはならないということです。

このために、フィナロの値段が安いという特徴は非常に魅力的で、使用する期間が長くなるほどお得になります。
たとえば、150錠で2,980円のフィナロの場合は5年間でかかる金額は35,760円ですが、1ヶ月で6,000円のプロペシアの場合は360,000円にもなってしまいます。
この差は、年数が長くなるほど大きくなるので、同じ効果を得られるのであればフィナロ一択というのがまともな判断となります。

なお、フィナロがこれだけ値段が安い理由は、品質に問題があるわけではなく、提供元のIntas Pharmaceuticals Ltdが知名度を上げるための戦略と考えられています。
この製薬メーカーは、インド国内では12番目と中堅どころという位置で、フィンペシアを提供しているCipla社と比較すると規模については見劣りします。

Intas Pharmaceuticals Ltdは、自己免疫やリウマチ、腎臓、ガン、眼科および血漿由来製品に基づいています。
慢性疾患領域での研究開発を中心として世界70ヶ国以上で販売実績があり、年間で数百億円という売り上げを記録するなど急成長を遂げています。
そこで、さらに知名度を上げるためのプロモーションとして、世界中で多くの人が悩んでいるAGAを改善する治療薬のフィナロを安価で提供していると推測されています。

なお、フィナロは、プロペシアやフィンペシア、エフペシアなどのfinasterideを主成分とした他のAGA治療薬と同様に、1日1錠水かお湯で飲むという使用法で、数ヶ月間の連続服用により効果を体感するという仕組みです。
ちなみに、旧式のフィンペシアに使用されていたコーティング剤のキノリンイエローは使われていないので、発がんリスクを高めるなどの心配はありません。
また、ロゲインとの併用が可能という点も他のAGA治療薬と同じで、フィナロを数ヶ月使用しても髪の毛に変化が見られいような場合は、併用することで状況が一変するというケースも期待できます。