AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

タバコはAGAのリスクを高める?

髪の毛は、東洋医学では血の余りという意味の言葉で表現されているように、血液の流れと密接に関係しています。
これは、毛根の内部に存在している髪の毛に関する根幹的な組織に、栄養素を届けるのは毛細血管が役割を担っているからです。
このために、血液循環が良好であれば髪の毛は順調に成長しますが、血行不良になってしまうと覿面に影響することになります。
薄毛を改善するために使用する最も一般的なアイテムの育毛剤の多くに、血流を活性化する成分が配合されているのは、このような理由によるものです。
つまり、頭皮の血流を促進することにより、毛根内部の根幹組織が活性化するので、髪の毛の成長がサポートされることになります。

一方、頭皮の血流が悪化した場合は、毛根内部に十分な栄養素が届けられなくなるので、重要組織の活動は停滞してしまい、髪の毛の成長は滞ることになります。
このために、薄毛に悩んでいるのであれば、頭皮の血行は常に良好な状態をキープすることを心掛けなくてはなりません。
それでは、どのようにすれば頭皮の血行が良くなるのかというと、血液循環を活性化する成分を配合している育毛剤の使用です。
頭のてっぺんや耳の上などに分布している血行を促進するツボの刺激、頭部全体を揉みほぐすようなマッサージの実施などいくつかの方法があります。
これらを根気よく続けていくことにより、薄毛の予防と改善の効果を期待できます。
逆に、頭皮の血流を悪化させてしまうので、薄毛のリスクを高めてしまうのが喫煙という行為です。これは、タバコの煙に含まれている様々な有害物質が血液の流れを悪化させてしまうからです。
その中でも代表的なのが、ニコチンと一酸化炭素という2種類の物質です。

まず、ニコチンは血管を収縮する作用があるので、頭皮の血行は著しく悪化してしまいます。
この作用はかなり強力で、タバコを1本吸っただけで体温が2度下がると言われているほどです。
特に、末端部分への影響は顕著にあらわれるので、タバコを吸うと頭皮は手先や足先が冷えるのと同じような状態になります。
もう一方の一酸化炭素は、赤血球のヘモグロビンと結合して血液が酸素を運搬する能力を低下させてしまいます。
これにより、栄養素を毛根に届けられなくなるので、新しい髪の毛を作り出すためのパワーが不足することになります。
なお、タバコによる髪の毛への悪影響はこれだけではありません。
それは、悪玉男性ホルモンのDHTを増やすことにより、この物質が原因で発症するAGAのリスクを高めてしまうのです。

タバコを止める事でAGA以外にも効果が

AGAの発症リスクを高めるうえに、髪の毛自体の成長を妨げてしまうタバコは、髪の毛にとっては百害あって一利なしという存在です。
このために、喫煙を続ければ続けるほど薄毛は悪化することになります。
逆に、タバコを止めることが出来れば、AGAの発症リスクを低めると共に髪の毛の成長を正常な状態に回復できるので、高価な育毛剤を使用するのと同じレベルの効果を期待できます。
このために、喫煙者で薄毛に悩んでいるのであれば、育毛剤を購入するよりもまずは禁煙に取り組むのが先決です。

なお、現在ではタバコを止めたい人を対象とした禁煙外来も本格的にスタートしており、高確率で成功することが可能です。
この禁煙外来で処方される内服薬は、ニコチンの代わりに脳内の受容体に作用して少量だけ快楽物質を分泌するというもので、タバコを吸わなくても平気な状態になります。
また、脳内の受容体を塞ぐような形になるので、この内服薬を服用している時にタバコを吸っても美味しくありません。
つまり、吸わなくても大丈夫というだけではなく、吸う必要性もなくなるので自然にタバコから離れることが出来ます。

ちなみに、この内服薬には健康保険が適用されるので、金銭的な負担はそれほど大きくありません。
禁煙に成功することにより、AGAの発症リスクを下げるだけではなく、髪の毛の成長を正常な状態に回復ので育毛という観点からは多様なメリットを享受できるのは間違いありません。