AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

女性にも起きるFAGA

男性型脱毛症のAGAは頭頂部が薄くなる症状です。
男性ホルモンの分泌異常により発毛のサイクルが短くなることで十分な発育ができないため薄毛になります。
男性ホルモンが原因のため男性特有の症状と考えられがちですが女性でも発症することがあります。
それが女性男性型脱毛症のFAGAです。

女性でも年を重ねることで薄毛になることがあります。
原因は男性のAGAと全く同じです。
男性ホルモンは女性も分泌しています。
その男性ホルモンであるテストステロンが毛穴でジヒドロテストステロンに変化することで発毛のサイクルが短くなります。
毛根から成長した毛髪が十分に育たないまま抜けてしまう症状です。
男性のAGAの場合は、生え際や頭頂部に顕著に症状が現れる特徴があり、薄毛ではなく完全になくなることがあります。
FAGAの場合は、男性と異なり全てがなくなって禿げるまではいきません。
髪の毛が細くなることで全体的に薄くなることが特徴です。
FAGAは薄毛の程度によって3段階に分けることができます。
正面から頭頂部が全体的に薄くなった状態がI型、薄毛の領域が拡大した状態がII型、薄毛の状態が進行した状態がIII型です。
III型になるとかなり進行した状態です。
そこまで進行する前に生活の改善や投薬による治療で改善することができます。
II型まで進行すると本人も気がつき始める頃です。
髪の質だけが原因とは限りません。
FAGAかどうかをチェックしてみることも必要です。
FAGAになる原因として考えられる主なものとして女性ホルモンの減少があります。
女性ホルモンが十分に分泌されていることで毛根細胞に発毛促進シグナルが働き発毛を促します。
それが女性ホルモンの分泌が減ることでシグナルが減って発毛が少なくなります。
また、一緒に分泌される男性ホルモンはそれほど減少しないためバランスが崩れて男性ホルモンが優位になります。
結果として発毛サイクルが影響を受けることになります。

そのほかにも過度なストレス、極端なダイエット、経口避妊薬の使用などで女性ホルモンのバランスが崩れて同じような症状になることもあります。
女性の場合、完全に禿げることがないことから気づくのが遅くなることがあります。
特に若いときには薄毛になるなど想定していないため、あまり気にしないために発見が遅れることがあります。
少しでも髪の状態が違うようならFAGAを疑ってみることが必要です。
早めに対処することで軽い症状で済ませることができます。

女性も気を付けておくべき生活習慣

FAGAは頭頂部に症状が現れる特徴があります。
普段から頭のてっぺんを気にしてみると早めに発見できるかもしれません。
もし気になる症状が見えだしたら、生活習慣を改善してみることも必要です。
FAGAは男性ホルモンが原因ではありますが、生活習慣に状態よってその進行に影響を与えることもあります。
生活習慣を改善することで進行を抑える効果が期待できます。

まず第一に睡眠不足です。
睡眠中は毛根に栄養が与えられる重要な時間です。
良質な睡眠が取れる時間が短ければ発毛に必要なエネルギーが得られないことになります。
無駄に遅くまで起きていることは避けて早めに眠りにつくことを心がけます。
もし睡眠時間が短いのであれば寝具を変えるなどの質を高める方法もあります。
タバコと飲酒の制限も必要になります。
タバコは煙に含まれるニコチンが血管を収縮させます。

毛根への血流も減るため十分な栄養を運ぶことができなくなります。
飲酒は肝臓に負担がかかるため発毛に必要なタンパク質が生成しにくい状態になります。
また生活習慣の乱れによってストレスを溜め込むと女性ホルモンの分泌が減少してバランスが崩れる原因になります。
ストレスを溜め込まないためにもただしい生活習慣を心がけることが重要です。