AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

病院で行われるAGAの治療内容とは

プロペシア

病院で行うAGA治療と言うと、近年最も注目を集めているのはプロペシアと呼ばれる飲み薬を使用する治療方法です。
これまで薬を使った薄毛の治療と言うものが存在していなかったため、このような治療が病院で行われると言うことに対してかなりのインパクトがあったと言えるでしょう。
AGAと呼ばれる薄毛のメカニズムが解明されたと言うこともあり、その改善のために役立つ薬物療法が受けられると言うのは大きな魅力となって悩む男性の心に届いているのです。
しかしながらAGA会の対応はそれに止まるものではありません。
この問題は遺伝的な要因があるのは間違いありませんが、生活習慣的な問題によって症状が維持されたり促進されたりする効果があるということもわかっています。

そのような問題を解決するための環境調整やカウンセリングなども広い意味でのAGA治療の一環として行われています。
このような対応まで丁寧に行ってくれる病院であれば、かなり専門性が高い所であると言えるでしょう。
さらには最終手段として植毛などの具体的な解決方法を提案し、実行することができる病院も存在しています。
このような方法には自毛植毛が最も多く採用されており、自分の髪の毛を移植することによって毛根を復活させようとする医療行為の1つです。
非常に手間ひまのかかる作業であり医師によっては非常に高い費用を請求する場合もありますが、確実に髪の毛を取り戻す第一歩となる重要な作業に該当します。
費用に糸目をつけないのであればこのような資料の選択肢もテーブルに載せられることになるでしょう。

AGA治療はこのように病院で受けることができる治療として確立されてきていますが、非常にお金がかかるものであると言う特徴を現在でも残しています。
その背景には健康保険が適用されない問題であると言う現実があるのです。
風邪をひいたときや怪我をした時であれば健康保険を活用して3割負担で治療受けることができる仕組みが構築されていますが、薄毛は怪我でもなければ病気でもないと言う扱いになっていると言えるでしょう。
美容整形がちょうど同じような扱いを受けている医療分野として既に知られており、保険の負担分が存在しないため満額を自己負担で支払わなければならないため費用がどうしても高くなってしまうという特徴を持っているのです。
それでも治療を受けたいと言う人にとっては魅力的な選択肢の1つとして提案されることになります。

治療にかかる費用はどれくらい?

AGA治療と言う場合最も基本的になるのは薄毛になるメカニズムを根本から止めるプロペシアと呼ばれる飲み薬を利用する薬物療法のことをいいます。
このような治療を受ける場合も健康保険の適用受けることができません。
そのため最もシンプルに診察と薬の処方だけを受けた場合でも月額10,000円位の治療費が必要になると言うのが相場です。

もしもそれ以上の治療を受けたいと考えているのであれば、より高い月額の費用を支払うことになるでしょう。
概ね月額30,000円程度も支払えば非常に手厚いサポートを受けることができるといえます。
このような治療を継続することによって抜け毛の予防と発毛促進実現することができれば成功であると言えるでしょう。
AGA治療とはそのような特徴を持っているものであると言うのです。

しかしながら薄毛の問題を解決最後の手段だよ植毛を利用する場合には少し事情が変わってきます。
植毛は医師が1本1本その手で髪の毛を埋め込んでいく作業を行うため非常に時間がかかると言う特徴があります。
作業の規模にもよりますがこのような施術を行う場合には100万円を超える金額を必要とするケースも珍しくはありません。
費用を考える場合には把握しておかなければならない分であると言えるでしょう。