AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

育毛と発毛の違い

育毛と発毛には明確な違いがあります。
育毛は健康な髪の毛が生えやすい環境を作り、健やかな髪の毛を育てる方法です。
それに対し、発毛は髪の毛自体を生やすことのできる方法であり、薄毛の進行してしまった人にはこちらのケアが必要です。
どちらにしても、髪の毛の成長が鈍くなっていたり、一本一本が弱々しくなっていたり、抜け毛が増えたりした時には早急に自分に合ったケアを行う必要があります。

育毛対策を行う場合、主に育毛シャンプーや育毛剤が使われます。
その名の示す通り、髪の毛を育てるための対策であり、育毛シャンプーは健康な土台作りを行います。
健康な髪の毛は健康な土台である頭皮で作られますので、頭皮に赤みや皮膚向け、痒みなどのトラブルが現れている場合には地道に環境を整える必要があります。
一般的なシャンプーとの違いは、頭皮への優しさです。
シャンプーは通常洗浄力や香りで選ばれることが多いのですが、香料は刺激物の一種ですし、洗浄力が強過ぎると必要な皮脂まで奪ってしまいます。
皮脂を奪いすぎるとバリア機能が低下して健やかな環境を保つことができなくなりますので、薄毛が気になり始めたら洗浄力の優しいタイプに切り替える必要があります。

育毛剤は個々の症状に合わせて選ぶものであり、薄毛の要因に上手くアプローチできれば早期の改善も可能です。
どのようなタイプがあるのかというと、毛細血管を拡張して血流を改善したり、皮脂の分泌を抑えたり、男性ホルモンの働きを抑制したり、毛母細胞の働きに必要な栄養素を補給したりと色々な種類があります。
薄毛の原因に合わせて取り入れることができると、髪の毛の成長を阻害している要因を効率良く取り除くことができ、健康な髪の毛を順調に育てることができるようになります。

発毛は、髪の毛を生やすことをメインに考えます。 間接的に髪の毛の生成や成長を促すようなものではなく、毛乳頭などに直接働きかけて細胞の働きを活性化させます。
ほとんどがクリニックなどの専門の施設でミノキシジルやプロペシアを処方されたり、育毛メソセラピーを受けたり、HARG療法を行ったりして対策を行います。
最近では育毛剤の中にも発毛効果を得られるものが登場していますが、育毛メソセラピーやHARG療法と比べると物足りなく感じます。
これらは非常に本格的な施術であり、少し進行してしまった薄毛にも対応できるといわれていますので、諦めずにケアを行うことが大切です。

自分にはどっちに対するケアが必要か見極めましょう

対策を始める際には、自分にはどちらのケアが必要なのかを見極めなければなりません。
薄毛がそれほど進行しておらず、現在生えている髪の毛を丈夫に育てるようなケアだけでも十分だと感じるのなら、自宅で育毛シャンプーや育毛剤によるケアを行うようにします。
クリニックなどでミノキシジルやプロペシアを処方してもらうのも良い方法であり、それ以上の進行を食い止めるのに役立ちます。
薄毛が少し進行してしまったら、髪の毛を生やすための対策が必要になります。
進行度合いにもよりますが、ボリュームが大きくダウンしていたり地肌が見えるような部分が出てきたら、発毛に効果を発揮するメソセラピーやHARG療法が効果的です。

メソセラピーでは毛乳頭や毛母細胞を活性化させる作用を持つ成分を直接注入することで発毛の効果を得られるような仕組みです。
HARG療法は治療を受ける人の脂肪幹細胞を培養することから始めてそこから成長因子を取り出し、その成長因子を使って治療を行っていきます。
必要な対策は個々の症状や進行度合いによって異なります。
その必要な対策を自分でしっかりと把握し、地道に続けていくことができれば、進行を食い止めたり症状を改善できます。