AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

AGAと円形脱毛症の違い

AGAと円形脱毛症の症状は似ている事もありますが原因が異なるだけではなく、効果的な治療方法も異なってくるため混同しないようにする事が薄毛を早く治療するためには大切です。
AGAとは男性型脱毛症のことで男性ホルモンが影響を及ぼしているものをさします。
一方円形脱毛症は自己免疫病のひとつで10円ハゲとよばれるタイプのものです。
AGAとは成人男性に多くみられるタイプで一般的には遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
円形脱毛症とはことなり額の生え際や頭頂部、前頭部の髪が薄くなる傾向があります。
脱毛部に高濃度にみられるジヒドロテストステロンという原因物質によってヘアサイクルがみだれることでおき、毛が細くなる事で薄毛が目立つ脱毛症です。

円形脱毛症は10円ほどの薄毛が突然できることもあります。
発祥の主な原因としては自己免疫疾患が原因とされる脱毛症です。
Tリンパ球と呼ばれる免疫機能が毛根を異物と間違えて攻撃してしまうことで起きるとされています。
アトピー性皮膚炎や気管支炎などのアトピー性疾患を持つアトピー素因の方に多いという特徴もあり円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因をもっているとも言われています。
円形脱毛症の本人や家族にアトピー性の疾患があるケースがあるため深い関連があるとされています。
円形脱毛症の原因として一番有名なものでは精神的ストレスがあげられます。
精神的なストレスが強すぎる場合は毛根の血行不良がおきてしまうため栄養が行きわたらなくなってしまいます。
そのため毛が抜け落ちてしまうことで薄毛ができてしまうケースです。

円形脱毛症の原因は他にも遺伝子型のタイプや出産後の女性ホルモンの変化によるものなどがあげられます。
AGAとの違いはAGAはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が原因とされるのに対して円形脱毛症の原因は人それぞれ異なるという点と言えるでしょう。
AGAが治療を行わなければそのまま薄毛が進行していくのに対し、円形脱毛症の場合には自然に治ってしまう場合もあります。
円形脱毛症は体全体何処にでもおきるケースもありますがAGAは頭皮だけに起きる症状となっています。
どちらの薄毛の場合も早めに医師に相談することで進行を遅らせたり治癒を目指すことができます。
皮膚科への相談が基本となっていますが、AGAの場合には専門のクリニックなどに相談するのも良いでしょう。

円形脱毛症だけでも数種類ある

円形脱毛症には種類があり大きく分けて単発型・多発型・全頭型があります。
単発型は円形脱毛症のなかでも特にポピュラーな初期症状で大きさは人よって異なりますがおよそ10円ほどのサイズの薄毛となっています。
頭に現れる単発型は前兆としてはかゆみやフケが生じ、60%ほどが自然治癒することも多いですが多発型や全頭型に移行することもあります。

多発型は単発型が2つ以上できた場合の症状となっています。
多発型は隣り合った単発型が結合することもあるため大きな脱毛になることもあります。
この段階に入ると頭部だけではなく全身に症状がでる場合もあります。

全頭型はこの多発型症状がさらに進んだことで頭部全体の毛が抜け落ちてしまったものをいいます。
その他にも髪の毛以外に症状がでる汎発型は悪性円形脱毛症や全身脱毛症も含まれ、びまん性や蛇行性の多発融合型のタイプなど数種類あります。
全頭型のものは女性に多く、無治療ですぐに自然治癒が起きる特殊なものなども報告されています。
円形脱毛症とAGAは症状や原因が異なるため混同しないようにし、出来るだけ早めに医師に相談するようにすることが大切です。
女性専門や男性専門などのクリニックもありますので通いやすい場所を選ぶようにして下さい。