AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

AGAになってしまう原因は?

DNA

もしもAGAによる薄毛を発症してしまったなら、育毛剤や育毛シャンプー、マッサージ、生活習慣の改善などでは根本的な解決をもたらすことはできません。
というのもAGAの原因はこれらとは全く別のところに存在し、しっかりと特定してしかるべき治療法にて症状を改善しなければ再び頭髪を取り戻すことはできないからです。
とりわけAGAをもたらす原因としてよく言われるのが遺伝です。
つまり親から受け継いだ遺伝子の中に、すでにこの病気を発症するリスクを多分に含んだ情報が存在しているのです。

これをもっと詳しく見ていく際には男性と女性それぞれの染色体の組み合わせについて考える必要があります。
まず男性の染色体はXY、そして女性はXXという組み合わせとなっています。
男女が出会って関係を結びやがて子供ができた時、男の子であれば父親と同じXYの組み合わせになりますが、この場合にはYは父親からそのまま譲りうける形となり、一方のXは母親から譲り受けます。
そしてAGAを発症する遺伝子情報は母親から受け継いだXという染色体に含まれています。
ちなみに女の子が生まれる場合にはどうなるのかというと、父親と母親の両方からXを一つずつ譲り受けてXXという組み合わせを作ります。
この流れによると、男の子でも女の子でも、双方にAGAの情報が含まれていることになります。
ただし、基本的にこの病気は成人男性の体内でしか発症しません。
男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が相まって頭髪の成長サイクルを乱す物質が分泌されることから、男性ホルモンの乏しい女性の体の中では発症する可能性がほとんどゼロに等しいからです。
そのためAGA特有の薄毛に悩まされるのは男性に多いものとなっているのです。
女性が受け継いでも発症する下地がないために薄毛には至ることがありません。

また、女性はこのX遺伝子をそのまた父親から受け継いでいるため、もしも母方の祖父やその兄弟などに薄毛の人が多い家系だと、そこに生まれた新たな男の子にもAGAの情報が十分に受け継がれている可能性が濃厚です。
自分が薄毛を発症しやすい体質かどうかを見極める時にはまず身近な親族を思い描いた上で、特に母方の家族をイメージした上で自分の10年後、20年後の姿を思い描いてみると良いでしょう。
もしも家系的に薄毛の人が多いようであれば、できるだけ早く専門病院を受診して症状悪化、あるいは症状が発症するのを抑制することに努めなければなりません。

遺伝以外にも要因はたくさんあります

このように遺伝による発症の多いものと言われるAGAですが、原因は決してそれだけではありません。
これまで見てきたように少なからず男性ホルモンが介在して発症する病気ですので、何らかの原因によって男性ホルモンに急激な変化が起こった際にはAGAを発症するリスクが高まります。
例えば食事や生活習慣によってホルモンバランス自体が大きく変容を遂げるケースも少なくなく、こういったときには例えばストレスなどをきちんと軽減して健康的な体作りに徹することも重要です。
食事的にも栄養バランスにきちんと配慮したものであることは大切なこと。
さらにストレスや体調バランスを形作る睡眠などに関しても必要な分だけしっかりと吸収していなければなりません。
アルコールやニコチンの過剰摂取なども頭髪にとって悪いものですし、自律神経が乱れた生活を送ることのないように常に精神的な面に配慮することも重要です。

そして何よりも重要なこととして、AGAという病気にはまだ解き明かせていないことが数多く存在することも踏まえておかねばなりません。
頭の中で考えていたことにとどまらない様々な原因が用意されている可能性もあるからです。
これらに心を配りつつ、医師の定期的な診察を受けて指示をきちんと共有した上で治療を進めていくことが重要でしょう。