AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

AGAに効く成分の種類

男性型脱毛症は多くの人を悩ませている問題ですが、最近ではAGA治療と言う名称で治療の対象になるようになってきました。
そのため病院で相談をすれば医師の判断で使うことが出来る薬がいくつか存在しています。
その中にはいくつかの種類がありますので、知識として持っておくことにより有効に使うことが出来るようになるでしょう。
最も知名度が高いのは病院で処方される飲み薬として注目を集めてフィナステリドを主成分とするプロペシアの存在です。
フィナステリドはAGAの原因と考えられているある種の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを阻害することで抜け毛を抑制するということが知られている成分です。
このフィナステリドを含むプロペシアを定期的に服用することにより抜け毛予防につながることが知られています。

しかしながらこのプロペシアには効き目に個人差があるということもあり、必ずしも全員に同じように効果が出るわけではありません。
その様な人に対しては新しい成分であるデュタステリドを有効成分とするザガーロが使われるケースも増えてきています。
このデュタステリドはフィナステリドと同じような作用を持つことが知られている成分であり、ジヒドロテストステロンの働きを阻害することが知られています。
効き目についてはプロペシアよりも効果が強いことが科学的に説明されていますので、プロペシアで思うような成果が出なかった人にお勧めであると言えます。

AGA治療では飲み薬として使用するのはこのフィナステリドを主成分とするプロペシアと、デュタステリドを主成分とするザガーロが一般的です。
それ以外にも外用薬としてミノキシジルを主成分とする塗り薬を使用する場合があります。
このミノキシジルは抜け毛予防のために機能するのではなく、発毛促進効果を持っているというのが特徴です。
失われた髪の毛を取り戻すために抜け毛の原因となっているジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬と合わせて使われることが多くなっています。
ミノキシジルは海外では飲み薬として使用することもあるのですが、副作用が強いということもあり国内では塗り薬として使われるのが一般的です。
元々は高血圧の治療薬であったということもあり、飲み薬としては使い方が難しいというのがその特徴となっています。
飲み薬として使用する場合、髪の毛だけに効果が出るわけではないため、難しいところがあるのです。

ミノキシジル配合の育毛剤は市販でも買える

AGA治療でも活躍するミノキシジルは発毛効果を認められた成分として知られていますが、市販薬として購入することが出来るという点でも注目を集めています。
市販薬として知られているのはリアップと呼ばれる商品であり、唯一の発毛剤としてニュースに取り上げられるなど大きな社会現象にもなりました。
一時期は品薄になりましたが、現在では比較的購入しやすくなっています。
現在でもこのリアップは市販されており、薬剤師の説明を受けて購入することが出来る市販薬として人気が高いのです。
このリアップは塗るタイプの発毛薬であり、気になる場所に定期的に塗るということでその部分に効果を期待することが出来ます。

この様な薬をいつでも好きな時に購入することが出来るというのは非常に魅力的なものであると言えるでしょう。
体毛が濃くなるという副作用がありますので基本的には男性向けの商品として使われることになります。
市販薬と言うこともあり、女性が購入を希望するケースもあることが想定されています。
しかし、男性向けに作られている製品の多くは女性には想定外の悪影響を及ぼす可能性がありますので女性用の製品を選択するか、薬剤師にしっかりと相談するようにしましょう。