AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

AGAの薬がもたらす副作用とは

自信を持てなくなった男性

男性にとって薄毛の発症は精神的にも大きな辛さを伴うものです。
いざ薄毛を発症すると外見的にも大きく変容してしまうことから、自分の容姿に自信が持てなくなったり、相手の目線が気になったり、引っ込み思案な性格に陥ってしまうこともあるでしょう。
ただしこれらの症状は適切な治療を行うことで改善することが可能です。
そのためにはまず薄毛をもたらした原因についてしっかりと突き止め、それに合った治療法を検討しなければなりません。
そこで大きな注目を集めているのがAGAという病気です。
これを発症すると男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応して頭髪の成長を阻害する物質が分泌されます。
毛乳頭にある感知機能がこの存在を察知することで栄養分の吸収がストップし、細胞分裂の勢いが鈍化して頭髪の成長サイクルが大いに乱れることになります。

ただしこのAGAは病院を受診して特効薬を処方してもらうことで改善することも可能です。
ここで最もよく処方されるのがプロペシアという飲み薬です。
これにはフィナステリドという成分が含まれたもの。
このフィナステリドはそもそも前立腺肥大症の特効薬を開発している過程で偶然に発毛効果が認められたことから薄毛治療に活用されるようになりました。
このプロペシアを服用すると頭髪の特殊な酵素の働きを抑制することができ、結果的にこれが男性ホルモンと相まって頭髪の成長サイクルを乱す物質が分泌されるのを抑えることができます。
徐々にAGAに侵されていた頭髪が成長サイクルを正常化することが可能となります。
このようにして頭髪の成長を妨げていた物質が取り除かれることによって栄養分も過不足なく吸収できるようになり、なおかつ細胞分裂も活性化して元の活発な活動を取り戻すことができるのです。

ただしこのプロペシアを服用するにあたっては副作用が生じるリスクもありますので注意が必要です。
副作用として有名なものとしては性欲減退や勃起障害といったものが存在します。
この性欲減退や勃起障害はどのようにして起こるのかというと、男性ホルモンへの影響が大きいと言えるでしょう。
つまり頭皮の酵素への影響もあって男性ホルモンと反応する割合も減少することから、全体的にホルモンの影響が弱まり、それによって性欲減退や勃起障害が感じられるようになるのです。
もしもこれらの副作用が感じられた時には、できるだけ早いタイミングでかかりつけの医師に相談した上で今後のAGA治療の方針をどうするのかを決めて行った方が良いでしょう。

プロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用がある

またプロペシアを服用することによって生じる副作用のリスクはこれだけではありません。
性欲減退、勃起障害のみならず、人によっては発疹、かゆみ、うつ症状、肝機能障害などが伴う可能性もある中、もう一つ代表的な副作用が存在します。
それが初期脱毛と呼ばれるものです。

初期脱毛はその名の通り、薬を服用し始めたごく初期の段階で、髪が増強されるどころかむしろ、抜け毛がひどくなってしまう症状のこと。
人によってはごっそりと抜け落ちて以前よりも悪化したと感じる人もいるほどです。
ただしこの初期脱毛を目にして慌ててどうにかしなければと動き出す必要はありません。
これは新たな頭髪の環境下に変わってからというもの、かつての血液循環や毛根のコンディション、頭髪の成長サイクルを支えていた状態とは大きく異なるなります。
それらが一旦大幅に抜け落ちてリセットされることによって生じる症状です。

そのため初期脱毛で抜け落ちた後には必ず新たな頭髪が生えてきます。
それも以前の環境下ではなく、AGAの症状がすっかりと抜け落ちた新たな頭髪となりますので、これから大いに成長していくことが期待できるでしょう。
このように初期脱毛は悪い事態ではなく、むしろ古い環境から新たな環境へと変わるターニングポイントと解釈することもできるのです。