AGAにお悩みの男性必見!

男性の悩みにありがちなAGA。治療薬を早期に使い続ければ80%以上の確率で改善することが出来ます。当サイトではAGAの薬の紹介、原因、ヘアケアの方法まで幅広く紹介します。AGAは絶対治しましょう!

AGAの薬は飲み忘れ厳禁!?

AGAの薬を飲む男性

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、主に男性ホルモンによって発症する男性特有の脱毛症のことです。
若年性脱毛症とも呼ばれるように、主に老齢性で薄毛になるには、まだはやい男性が薄毛になった場合にはAGAが考えられます。
AGAは効果のある治療薬が開発されたことから、本格的に病院やクリニックでの治療をすることが可能となり、現在では大きな病院から小さなクリニックまで幅広く治療が可能となっています。

治療の基本としては投薬が中心であり、使われるのがフィナステリドを含んだプロペシアなどが有名です。
このフィナステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、増毛にも効果があったため、プロペシアとして販売されて現在に至ります。
フィナステリドと似たような働きをするAGA治療薬も開発されていますが、いずれも働きとしてはDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制させることです。
一般的に男性ホルモンとしてはTH(テストステロン)があり、これは代表的な男性ホルモンであり、男らしさを司ります。
一方でTHをもとにして5αリダクターゼと呼ばれる酵素によってDHTが生まれます。
DHTの働きとしては、薄毛と体毛の増加を促すほか、精力減退、前立腺肥大の働きをもたらします。

ここで気になるのが薄毛と体毛の増加ですが、主に薄毛とは髪が中心であり、頭頂部や前頭部の生え際から進行していき最終的には完全に脱毛してしてしまいます。
その一方で髪以外の毛は増毛する傾向にあり体毛は豊かでも頭部だけ毛がないという状態になります。
AGA治療では、プロペシアを投薬することで5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの発生を抑え、薄毛の原因を抑えることで改善を目指すことになります。

なお、薄毛や脱毛症にはさまざまな原因があり、必ずしもDHTが原因とは限らない可能性もあります。
このため本格的な治療を受けるさいには、原因がAGAであるかどうか確かめる必要があります。
一方でプロペシアの投薬はすぐに効果が現れるというものではなく、継続的に薬を飲み続ける必要があります。
このため毎日決められた量を飲み続ける必要があります。
また効果が出るまでに2、3ヶ月ほどかかるため決められた量を服用し続けることが治療を成功するためのポイントです。
特にDHTの発生を阻害する働きを継続的に得るためにも用法用量を守ることが、プロペシアを使った治療法といえます。

飲み忘れてしまった時の対処法

プロペシアを飲み忘れた場合には24時間程度であれば服用を1回飛ばす方が良いといえます。
飲み忘れたからといって用量をこえた量を服用するのが厳禁です。
一般的には24時間から48時間程度であれば効果に違いはないとされますが、プロペシアの飲み忘れを1ヶ月以上続けたり、飲む間隔が飛び飛びになって24時間以上の空き時間が連続するような場合には効果は著しく半減します。
効果が半減するとせっかく服用していても薄毛に対する治療効果が見られなくなります。
ただ薬の濃度が低くなるので、その分副作用などのリスクも減るので、飲み忘れたからといって慌てる必要はありません。
むしろ多くの量を服用する方が副作用のリスクが高まります。

またプロペシアは濃度が高ければ良いというものではなく、一定の濃度を体内で維持することが薄毛治療における成功へのポイントになります。
このため服用するさいには習慣づけることがポイントで、朝に飲むか、昼に飲むか、または寝る前に飲むかを決めておくのが無難です。
飲むタイミングを明確に決めていなければ飲み忘れのさいに再開するタイミングがわかりづらいです。
また気まぐれで24時間以内での服用となり、体内でのフィナステリドの濃度が上がったり下がったりするため、より良い効果を得られない場合があります。